キッチンに住みたい!

ミーレのミの字も知らなかった私がミーレに惚れたブログです。

北欧雑貨、家具 その2 照明 編

少し間が空きました。すみませんでした。

次の北欧物はこちらのダイニングテーブル上のペンダント照明です。



北欧の照明と言えばルイスポールセンのPHシリーズやスノーボールが有名ですが、こちらはライトイヤーズ社のコンサートP3と言う照明です。

照明を選ぶ時、スノーボールが候補だったので、色々な画像を見て研究しました。
画像見ていて気づいたのが、
スノーボールがカッコ良く決まっている空間は天井が高いことに気づきました。

私の考えですが、スノーボール本体は高さがあるので低い天井だと電気コードが短くコードと本体のバランスがイマイチではないかと思うようになりスノーボールは却下になりました。
あくまで私の考えですので適当に流して下さいね^_^

次にPHシリーズは高さもなくて低い天井にもバランス良く付くし良いなぁと思い候補にしていました。

そんな中、テーブル探しの時に新たに見つけた照明が、今回採用したこちらのコンサートと言う照明でした。

この照明も高さが薄くしかも直径はPHシリーズより大きく、我が家はダイニング照明以外はダウンライトの予定でしたのでアクセントになる照明だと思いこちらに決めました。

この照明直径550ミリあって大きな照明なのですが、デザインがおとなしいので空間に優しくマッチしています。
逆に言えば地味なのか‥^_^

この照明の名前がなぜコンサートと言うのかと言いますと、この照明の北欧デザイナーのヨン、ウッツォンはオーストラリアのオペラハウスの設計にも関わっていたそうでそこからヒントを経てこの照明を作ったそうです。


何となくオペラハウスに似てるでしょ^_^

200Wの明るい電球つかっていますが、ルイスポールセンと同じく直接電気の光か見えないので明るいけど優しい光がテーブルに届いています。


にほんブログ村 インテリアブログ キッチンインテリアへ
にほんブログ村

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する