キッチンに住みたい!

ミーレのミの字も知らなかった私がミーレに惚れたブログです。

キッチン手元照明 その4 LEDテープ注文 編

ここ数年LED照明の発展は早く、私が建てた頃はLED電球ですらまだ高級品でした。

最近ではLED電球はかなり安くなり、更にはLEDテープと言う商品が発売され、色々な明かりの表現が可能になりました。

個人的にはLEDテープの普及により蛍光灯の厚みが限界だった照明器具も薄くすることが可能になりかなりの進歩だと思います。

LEDテープにもかなり種類があってネットで調べると山のように色々な種類が出てきます。

せっかくなので品質の良い物を探していた所、いい商品が見つかりました。

ドイツメーカーのハーフェレ社のLEDテープです。



ハーフェレ社は建築金具やアクセサリーを主に扱う有名な会社です。
しかもドイツ製なのが私にはたまりません^_^

画像のようにLEDテープは薄いペラペラの物です。

このテープの裏側には両面テープがついてあり直接貼り付けることも可能ですが、水や蒸気がかかるとショートする恐れあるし、発光部分を直視すると目がチカチカしてしまいます。

裸のままだと見た目もイマイチですし‥^_^

そこで威力を発揮するのが同じくハーフェレ社から発売しているLEDアルミプロファイルと言う物です。



このアルミプロファイルとはこの中にLEDテープを貼り付けて使います。

これで長さも自由に作れる立派な照明器具になります。

まさにオーダーメード照明器具のようです^_^


アルミプロファイルに関してはハーフェレ社だけでなく色々な会社から色々なサイズや形の物が発売されています。
希望の形のアルミプロファイルがあればそれを使えばいいのでかなり自由がききます。

今回私の場合、ハーフェレ社のコーナー取り付け用アルミプロファイルを採用します。

長さもカットできるので吊り戸棚のサイズに合わせる事が可能です^_^

LEDテープも種類によって違いますが、今回採用するLEDテープは5センチ刻みで切ることが可能ですので、
アルミプロファイルの希望の長さに切った範囲の中に限りなく隅から隅まで貼ることが可能です。

このLEDテープを付けるには直接電気線に付けるのではなくトランスと言う変圧器が必要です。
__ 1
これもハーフェレ社から発売されているトランスです。
難しい話は簡略しますが使うLEDテープの種類と長さで必要な消費電力がカタログに載っているので
それに合わせたトランスを使います。

これでコンセントから電源をとってトランスで変圧してLEDテープが発光します。

しかし、この状態だとスイッチがないので24時間LEDが点きっぱなしになります。

スイッチの取り付け方は色々な方法が有りますが、今回私が採用するスイッチは、このトランスに割り込ますことが
可能な専用スイッチを使います。

__ 2
このスイッチはトランスに専用取り付けジャックがあるので簡単にパチッと付けるだけでオン、オフが可能になります。

後、コードやプロファイル取り付け金具等、小さな部品が必要ですが、基本的にはこの組み合わせでLEDテープを
取り付けることが可能になります。

現在部品を注文中で納入まであと1週間ちょっとの予定です。


部品を見てからになりますが、予定ではまだ一工夫しようと計画してますので設置までは
まだ時間がかかります。

この話はまた次回に.....

早く来ないかな~~







にほんブログ村 インテリアブログ キッチンインテリアへ
にほんブログ村

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する