キッチンに住みたい!

ミーレのミの字も知らなかった私がミーレに惚れたブログです。

無垢フローリングメンテナンス

前回から1年以上経ちましたがオイル仕上げの無垢フローリングメンテナンスをしました。

前回のメンテナンスでオイルキットが無くなったのでフローリング輸入業者さんに連絡した所、指定メンテナンスオイルが変更になったと言われました。

今回から使うオイルはこちら


スエーデンのボナ社
フロアクリーナー&オイルリフレッシャーです。

前回のウニコ社のオイルは水で薄めての使用でしたが、今回からこのままスプレーで吹付けてから綺麗な雑巾で拭くので楽だし時間の短縮にもなりました。

このボナ社、日本ではまだまだ認知度低いですが、世界的には有名で品質もピカイチだそうです。

肝心の使った感じですが、
まず、汚れ取りのフロアクリーナーは前回のクリーナーより雑巾が汚れていたので能力は良いと思います。
少し明るいなった気??がします (笑)

そして、仕上げのオイルリフレッシャーですが、前回の仕上げオイルはサラサラした感じでしたが、このオイルは少ししっとりした感じがあって床の乾燥した白くなった部分もしっかり吸収されて保護されている感じがします。

前回のオイル仕上げした後、靴下で歩くと少しの間ですが滑っていましたが、今回のオイルは滑りません。

両社、少し仕上がり感が違いますがどちらも素晴らしい商品だと思います。



あえて個人的な感想を言わせてもらえは、今回から使うボナ社のキットのほうが保護力が少し強い気がするので、年数経ったオイル仕上げ無垢フローリングには良い栄養剤になると思います。


にほんブログ村 インテリアブログ キッチンインテリアへ
にほんブログ村

PageTop

北欧雑貨、家具 その5 テーブル 編

久しぶりに我が家の北欧家具の紹介いたします。

今回はダイニングテーブルです。

四角テーブルか丸テーブルかで照明位置が変わってきます。

工事スタートして電気工事が始まる前までに決めないといけないので、時間が有りそうで無いのがテーブル選びだと思います。

それにプラスして、ダイニング照明を少し重いペンダント照明にするなら天井の補強も必要なのでさらに早く決める必要がありました。

図面に色々なサイズや形のテーブルを書いて検討した結果、丸テーブルが私の部屋には良いと判断して丸テーブルを探しました。

丸テーブルは種類が少ないから気に入った物を探すのは時間がかかりました。

我が家に採用したのがこちら



PPモブラー社のPP70テーブルにPP58とPP68チェアです。

何と無く日本では認知度が低いような気がしますがウェグナーのデザインした素晴らしいダイニングセットです。

材質はオーク。
仕上げはソープ仕上げ。
ソープのしっとりした肌触りはたまりません。

もちろんながら本物のオークなので、納品されるまでどのような木目の物が来るかわかりませんでした。

我が家に来たテーブルには虎斑(トラフ)がありました。

こちらが虎斑


大きな波見たいな柄が虎斑です。

始め見た時は何だ?
と思いましたが、この虎斑が有る所は硬くでとても良い材料を使っているのだそうです。

これがデザインになり素敵なテーブルになりました。

チェアに関しては同じデザインでありながら、座面材料がペーパーコード仕様とレザー仕様の2種類を2脚ずつ採用しまさした。



ショールームで座ったら私はペーパーコードはどうしてもお尻が痛くなりましたが、嫁さんはペーパーコードのほうが若干座面が低く痛くならずに座り易いそうで2脚ずつにしました。

お互いに座り易い椅子を選んでも全体のデザインが変わらないのも採用に至った一つでもありました。

担当の方の話しでも男性はペーパーコードは痛いと言う方がたまにいるみたいです。

無垢テーブルで心配なコーヒー等こぼしてシミにならないか?
と始めはかなり心配しましたが、ソープメンテナンスのおかげでほとんど解らなくなります。

意外と普通に使える無垢テーブルです。

それより氷等が入った外側に霜がついたコップや缶ビールなんかを置いた輪ジミは残ります。
しかし、ソープメンテしたら消えますし、時にはいつの間にか消えたりしています。

ソープが効いていると思います。

まぁ最近ではメンテナンスも年1回か2回程で、汚れても水拭き程度で全く気にせず、大胆に使っていますが、結局最後には綺麗になっています。

少し値段はしますが、一生もののテーブルですし、良い買い物だったと自分では思っています。


にほんブログ村 インテリアブログ キッチンインテリアへ
にほんブログ村

PageTop