キッチンに住みたい!

ミーレのミの字も知らなかった私がミーレに惚れたブログです。

北欧雑貨、家具 その3 もう一つの照明 編

もう一つ我が家には北欧照明があります。
セシリエ・マンツと言う女性デザイナーがデザインしたライトイヤーズ社のカラバッジオです。



このカラバッジオは小さいサイズから巨大サイズまで確か5種類くらいサイズバリエーションがあります。

飲食店、カフェ、服屋さん等‥店舗で見かける事も多いです。

この照明は主にお客さんが使う洗面台に採用しました^_^

この洗面台の設計時、普段はほとんど使わない洗面台でありながら、位置的には必ず通る位置にあるのでどのような存在感にするか考えました^_^

考えたのが、お客さんの手洗が主な使い方なので鏡は辞める。

鏡が無い分壁面が広く空くのでタイルもキッチン壁面と同じ凹凸の有る大判で個性的なタイルを採用。

鏡を付けなかった事で照明本体をしっかり下げる事が出来たので、カラバッジオの特徴でもある、赤い電気コードもしっかり長さを確保できたので赤と黒が白いタイルに映えるようになりました。

点灯すると‥



個人的には洗面台と言うよりもインテリアの一部と言うか家具のような感じに出来たと思っています。



にほんブログ村 インテリアブログ キッチンインテリアへ
にほんブログ村

PageTop

北欧雑貨、家具 その2 照明 編

少し間が空きました。すみませんでした。

次の北欧物はこちらのダイニングテーブル上のペンダント照明です。



北欧の照明と言えばルイスポールセンのPHシリーズやスノーボールが有名ですが、こちらはライトイヤーズ社のコンサートP3と言う照明です。

照明を選ぶ時、スノーボールが候補だったので、色々な画像を見て研究しました。
画像見ていて気づいたのが、
スノーボールがカッコ良く決まっている空間は天井が高いことに気づきました。

私の考えですが、スノーボール本体は高さがあるので低い天井だと電気コードが短くコードと本体のバランスがイマイチではないかと思うようになりスノーボールは却下になりました。
あくまで私の考えですので適当に流して下さいね^_^

次にPHシリーズは高さもなくて低い天井にもバランス良く付くし良いなぁと思い候補にしていました。

そんな中、テーブル探しの時に新たに見つけた照明が、今回採用したこちらのコンサートと言う照明でした。

この照明も高さが薄くしかも直径はPHシリーズより大きく、我が家はダイニング照明以外はダウンライトの予定でしたのでアクセントになる照明だと思いこちらに決めました。

この照明直径550ミリあって大きな照明なのですが、デザインがおとなしいので空間に優しくマッチしています。
逆に言えば地味なのか‥^_^

この照明の名前がなぜコンサートと言うのかと言いますと、この照明の北欧デザイナーのヨン、ウッツォンはオーストラリアのオペラハウスの設計にも関わっていたそうでそこからヒントを経てこの照明を作ったそうです。


何となくオペラハウスに似てるでしょ^_^

200Wの明るい電球つかっていますが、ルイスポールセンと同じく直接電気の光か見えないので明るいけど優しい光がテーブルに届いています。


にほんブログ村 インテリアブログ キッチンインテリアへ
にほんブログ村

PageTop

北欧雑貨、家具 その1 マリメッコ 編

ふと思ったのですが我が家にはいつの間にか北欧雑貨、家具が増えてきました。

絶対に北欧物でないとイヤっ!と言う訳ではないのですが、私たちの選ぶ基準や好みの物を探していると自然と北欧物になった感じです。

せっかくなので我が家の北欧物について色々書いてみたいとおもいます。

先ずは北欧を代表するファブリック生地のマリメッコから^_^

我が家には大きなマリメッコのファブリックパネルが3枚有ります。

先ずは玄関入って正面に飾りました。


玄関入っての土間そしてカマチ、玄関上がった所、すべて同じ白いタイルで仕上げたのでどちらかと言うとモダンな真っ白な空間に1階全体はなっています。

なので選ぶ生地も白黒の絵柄にしました。

差し色に赤色入れても良かったのですが、ここはあえてモダンな空間にこだわりました。

そして2階はカップボード部分にこちらのパネルを
飾りました。



本来なら収納スペースを確保するために大きな天井までのカップボードを作れは良かったのですが、ここは圧迫感を無くすために低くして、しかも空間を作るために逆L字の変わった形のカップボードになりました。

それによって出来た壁の部分にパネルを飾りました。
選んだ基準としてはカップボード面材はオークでミーレ機器類は黒いので馴染む感じにして大きなパネルでも圧迫感の出ない図柄にしました。

狭小住宅ゆえキッチン、ダイニング、リビングは大きく一つの空間ととらえているのでカップボードもキッチン収納と考えないで家具として考えた結果このようになりました^_^

カップボードにこのような大きなパネルを飾るのは珍しいかもしれませんね^_^

次に3階の階段横に飾ってるこちらのパネル。


3階は一番日当たりが良く朝起きて爽やかなイメージの図柄を選びました^_^

個人的には日の当たった時のこのパネルの色合いが好きです^_^

これだけの大きさになると、3枚とも完成品で買えば1枚3万は超えてきます。

さすがに高いのですべてDIYでパネルを作りファブリックを貼りました^_^
DIYすればパネル自体は2千円も有れば作れるので布地自体はお金かかりますがかなり安く作ること出来ます。

しかもスペースに合わせて好きな大きさに作れるしメリットはかなり有ると思います。

ちなみにこの3枚ともサイズは微妙に違います。

最近はホームセンターで無料カットしてくれる所もあるので後はタッカーと木工ボンド有れば簡単に作ること出来るので是非チャレンジして下さい^_^



にほんブログ村 インテリアブログ キッチンインテリアへ
にほんブログ村

PageTop